選挙用品ドットコム

無料!選挙用品カタログのお申込みはこちら→
メール・FAXはこちら(24時間受付)
  • 平成27 年統一地方選攻略選挙必勝DVDセミナー
  • 無料メールセミナー・業界向け当選マニュアル
  • 出版書籍・TV監修・メディア掲載
  • 選挙ポスターの秘訣
ご利用案内
通販安心サポート
選挙用品の選び方
選挙専門店と一般業者の違い
選挙実践アドバイス
選挙用品・価格一覧
調査、コンサルタント
店舗、会社案内
お問合せ・ご購入
取材依頼・スタッフ募集 等
お役立ち情報
  • 候補者向けセミナーを開催しました
  • 選挙アドバイザー ブログ
  • 選挙用品ドットコム Premium
  • 選挙ポスタードットコム
  • @選挙研究会
  • 田村亮公式サイト
  • @レンタル投票箱
  • 2012年 世界の選挙視察レポート

常在選挙。常に選挙に身を置く弊社代表が、3,000件超の候補者を見続け勝てる候補者、負ける候補者の違いを分析。さらに『90日で政治家になる具体的なノウハウ』などノウハウ満載の地方選挙に特化した選挙本がついに登場しました。
見た目は人を食ったタイトルですが、これは、政治、選挙に興味のない人に本書を手にとってもらい政治への興味のきっかけとなるような導入本としたが故。
28歳でなくても、新人、若手候補者に向けて、東西の選挙のプロフェッショナルをうならせ、ある選挙プランナーからは『これからはこの本を地方選挙出馬予定者のバイブルとして推奨します』との御声もいただきました。通常コンサルティングで、1.5時間5万円いただく筆者が、実際にコンサル現場で指南する基礎的な内容、アドバイスを盛り込んだ必読書。本気で本物の地方選挙攻略本として仕上げています。

予算が少ない方へ

選挙を取り巻く環境の変化

"選挙にはお金がかかる"これは世界の共通認識でもあり、日本でも例外ではありません。

かつて、政治家とは、実際のところお金持ちの職業だったのです。

しかし、最近はカネなし・コネなしの若手・新人議員の当選が目立ってきました。

そう、財力に左右されない選挙で当選することができるようになってきたのです。
では、世の中はどう変わったのか?

  • 金権政治が廃れ、選挙自体にかかわるお金が少額になってきたこと
  • かつて選挙相場と言われたブラックな市場が時代にそぐわなくなってきたこと
  • 選挙用品の新資材や技術革新的による低価格化、ネットメディアの登場

など、限られた予算でもお金を有効活用して選挙を戦い、勝てる環境がそろってきたと言えます。

業界最安値レベルの実現

「選挙用品ドットコム」は発足当初より選挙用品の低価格・高品質を目指し、立ち上げられたブランドです。
選挙用品ドットコムの最大の特徴は、全国通信販売にあります。

ライバル候補者もひっくるめて作成する地場業者任せにすることなく、地場のしがらみから開放された形で、独自に選挙用品の手配ができます。

また、通販だから、カンタン電話注文でOK。

しかも、中間マージンカットで仕入れ値を抑え、選挙用品を1つからの小口購入も、選挙用品まるごと一括購入も可能です。

粗利グラフ

多岐に渡る選挙用品をワンストップで業界最速、最安値レベルで提供しています。

選挙用品は、オーダー性が高く、品質を落とせないため、大量発注による原価削減が難しいという背景があります。
そもそも「選挙用品ドットコム」は発足当初より選挙用品の低価格・高品質を目指し、立ち上げられたブランドです。
私たちは、人件費や家賃、利益など品質に直接影響を与えないコストをいかに削減するかを念頭に組織を築いており、常に改善をテーマとしています。

  • 家賃が安い理由
    徹底したオフィスコストの削減!
    中は綺麗にしてますが、ビル自体は非常に賃料の安いところに入居しています。
    立地は通信販売なので家賃重視。こだわりは"優秀な人材の集まるエリア"それだけです。
    (もちろん、お客様の情報は万全のセキュリティ対策を施しています)
  • 人件費が安い理由
    選挙用品の販売は、シーズンによって人的な負担が数十倍に変わる事業です。
    そのため、社員でまかなうとどうしてもコスト高になり、一方で急場のバイトでしのぐとサービス品質の低下を招くという問題があります。
    弊社は、経験が豊富で能力も優れているものの、家庭の事情などでフルタイムで勤務できない人材を、パートタイムで活用することで、この問題を解決しています。
    もちろん、急場のアルバイトではなく、長期雇用を前提として、能力面での厳しい審査や研修を行っています。
    また、お客様をサポートするアドバイザーは、豊富な経験を持った専任スタッフが対応させて頂きます。
    最小限の社員を軸として、少数精鋭のプロ集団を運営・育成しています。
  • 利益が低い理由
    家賃や人件費など、サービスの質に影響しないコストの削減を定期的に実施。
    政治・選挙という事業に集中することで、紹介や口コミが広がり、広告コストを削減。
    A型社長の性格で、社内システムのシンプル化など余計なコストを整理。
    そもそも、発足主旨が「選挙用品の低価格・高品質化」のため、会社文化に低コスト化のDNAが刻まれている。

選挙用品ドットコム式、選挙予算を”仕分け・節約・増やす”方法

冒頭の"選挙にはお金がかかる"という世の常識は、実は適切な予算配分という考え方を知らず、不安にかられ、効果検証せず、不必要の選挙用品や自身の選挙にそぐわない選挙PRをしてしまうところに大きな問題があります。

"限られた選挙費用を賢く使う3つの方法"として、弊社ではお客様に対して以下を提案しています。

  • 選挙予算の仕分け・最適化
    (例:無駄な選挙用品をなくし、必要なものに集中)
  • 選挙費用の節約
    (例:安価な資材で同等のPR効果)
  • 公的補助金をもらって選挙予算を増やす
    (例:総額60万円超の予算を獲得)

3つの節約方法一覧

弊社にご相談いただければ、お客様の選挙予算を、「仕分け」「節約」して、しかも「増やす」サポートをさせていただきます。

予算が少ないからこそパートナー選びが大切

もし私が、新人でしかも、小予算で選挙に勝たなければならないとしたら、その答えは"信頼できる選挙プロに予算を提示したうえで依頼する方法"をとって、コストパフォーマンスを最大化するでしょう。

そこで、一番不安を感じる「選挙相場は、いくらが適正なのか?」について。

選挙相場といえば、選挙用品の価格はモノですので、ある程度相場観がわかるかもしれません。しかし、企画やコンサルティングという情報に対する見積りの妥当性は、業者側の体質と方針および依頼者側の感覚や裁量の問題になり、高い・安いを一概に論じることは難しい内容です。

ただ、一つ言えるのは企画やコンサルティングの見積価格は、目の前に完成している物品(電化製品や車)の価格とは異なり、知的生産物として、これから行われる作業の対価であり、目に見えないモノであるがゆえに不確実性を含んでおります。

つまり、誤解を恐れず裏話をするなら、選挙のプロも玉石混合。

候補者の選挙企画・コンサルティングをしてみても、同じ情報で、同じ予算や環境下でも、企画はコンサルタントによって異なる場合もあります。

見積もりの金額を見比べても、どこまで選挙区を検証するか?というさじ加減ひとつで、効果や精度そっちのけで形だけの企画を作るなど「安くやろうと思えばいくらでも安くできる」というのが現実です。

事実、お客様に見えているのは金額と企画や実行プランだけで、見た目が綺麗に仕上ってさえいれば、実際にそれが、選挙で当選圏まで引き上げる戦術になっているかどうかは、選挙の経験の浅い方は、チェックのしようがありません。

かつては、選挙ゴロなど選挙企画・コンサルティングは、非常に怪しい世界でもありました。

時代錯誤の自らの過去の経験や勘に頼り、その確率に大きくムラのある博打的要素のコンサルティングが平気でされていました。

選挙に絶対はありません。

選挙は確率の世界です。

博打的要素ではなく、科学的に検証するアメリカ型の統計や地場情報からの検証をきちっと行った上での選挙コンサルティングをしているところは、選挙区の実勢調査などあらゆるデータを検証し、科学的に答えを出す方が確率のブレもロジックも精度が高いですが、当然しっかり仕事をした分のコストは当然かかってしまうものです。

昔ほどではないにせよ「選挙にはお金がかかる」は一般的意見かと思います。
選挙出馬に際しては、その予算の中で選挙用品や企画のコストを気にすることは当たり前ですが、値段だけを気にするのは間違いです。

なぜなら、選挙に出馬する方の望みは「限られた予算内で選挙に当選すること」であって、「安くて体裁が整っていればなんでもよい」では決してないはずだからです。

内容がよくわからないことを他人に任せるわけですから、価格を云々する以前に依頼する人間が「信頼できるかどうか」を最優先にお考えになることをお勧めいたします。

弊社にできる事は、「経験・実績」「スキル」「マナー」を備えた人財に、自信を持ってあなた様の選挙当選のサポートにあたらせることです。

そして、7000件超のお客様の信頼を頂いた選挙用品専門店のメンツにかけて、次のお客様に「信頼を頂くこと」をご契約よりも優先に考えております。

当然、仮に当社の選挙用品や選挙コンサルティングの見積りが一番安くても、他社様にもっとも信頼を感じるのであれば、その会社にご依頼される事が、「これから選挙の準備をするぞ」とお考えのあなた様にとって価値のあるお金の使い方であると考えます。

予算が少ないからこそ
無料!選挙用品カタログのお申込みはこちら→
メール・FAXはこちら(24時間受付)
無料メールセミナー・業界向け当選マニュアル 詳しくはこちらから→
選挙用品ドットコム
Copyright(c)2012 選挙用品ドットコム All Rights Reserved