選挙用品ドットコム

無料!選挙用品カタログのお申込みはこちら→
メール・FAXはこちら(24時間受付)
  • 平成27 年統一地方選攻略選挙必勝DVDセミナー
  • 無料メールセミナー・業界向け当選マニュアル
  • 出版書籍・TV監修・メディア掲載
  • 選挙ポスターの秘訣
ご利用案内
通販安心サポート
選挙用品の選び方
選挙専門店と一般業者の違い
選挙実践アドバイス
選挙用品・価格一覧
調査、コンサルタント
店舗、会社案内
お問合せ・ご購入
取材依頼・スタッフ募集 等
お役立ち情報
  • 候補者向けセミナーを開催しました
  • 選挙アドバイザー ブログ
  • 選挙用品ドットコム Premium
  • 選挙ポスタードットコム
  • @選挙研究会
  • 田村亮公式サイト
  • @レンタル投票箱
  • 2012年 世界の選挙視察レポート

常在選挙。常に選挙に身を置く弊社代表が、3,000件超の候補者を見続け勝てる候補者、負ける候補者の違いを分析。さらに『90日で政治家になる具体的なノウハウ』などノウハウ満載の地方選挙に特化した選挙本がついに登場しました。
見た目は人を食ったタイトルですが、これは、政治、選挙に興味のない人に本書を手にとってもらい政治への興味のきっかけとなるような導入本としたが故。
28歳でなくても、新人、若手候補者に向けて、東西の選挙のプロフェッショナルをうならせ、ある選挙プランナーからは『これからはこの本を地方選挙出馬予定者のバイブルとして推奨します』との御声もいただきました。通常コンサルティングで、1.5時間5万円いただく筆者が、実際にコンサル現場で指南する基礎的な内容、アドバイスを盛り込んだ必読書。本気で本物の地方選挙攻略本として仕上げています。

最低限必要なもの

選挙にはいろいろなものが必要です。

選挙に最低限必要なもの

選挙に最低限必要なもの。

それは…"一概には言えない"ということが答えになってしまいます。

なぜなら、選挙の種類や規模、候補者のキャラやポジション、地場の環境や予算、状況などによって"最低限必要なもの"は違ってくるからです。

ここで重要なことは、"人によって最低限必要なものは異なる"というポイントです。

もちろん、共通した基礎的な選挙用品はありますが(後ほど、紹介します)、たとえば、"選挙カーが欠かせない"という候補者もいれば、"選挙カーはナシ、それよりもスポット演説でPRできるもの"が必要という方もいるのです。

"あなたの選挙"だからこその最低限必要な選挙用品というのは、実はあなたの選挙戦略から見えるものです。

選挙用品を作る際には、選挙戦略を実行する形で作られ、使用される選挙用品が必要になります。

選挙戦略において、これだけは欠かせないという運動や、支持者へのPRこれに使われるものこそが、あなたの選挙で"最低限必要な選挙用品"といえるのです。

だから、"最低限必要"とは言い切れないのです。

選挙用品ドットコムは、選挙用品を選挙戦略に照らして検証して提案するなど選挙用品のみならず、選挙用品を作る先の選挙PRを見据えて、お客様である候補者の方の依頼に耳を傾けさせて頂いております。

また、先ほどの"一般的に最低限必要な選挙用品"というものは、知っておきたいところだと思います。

こちらは、拙書「28歳で政治家になる方法」にて紹介しておりますが、本を手に取れなくても、「資料請求」いただければ、「市議選で良く使われる選挙用品の一覧とその重要度」という一覧表を紹介しておりますので、ぜひ、入手してみてください。

無料!選挙用品カタログのお申込みはこちら→
メール・FAXはこちら(24時間受付)

【市議選で良く使われる選挙用品一覧】

以下は個別具体的に色々なケースがある中、弊社販売実績と費用対効果により、一つの雛形として必須度を設けているものです。一つの参考情報としてご査収ください。

一覧表の資料は、あくまでも、一例です。本当に必要なものかどうかが分からない時は、ぜひご相談下さい。

ポスター
  • 本番ポスター(公費アリ) 150 枚以上
  • 公選はがき(郵送のみ公費アリ) 1500-2500 枚
  • 選挙カー(一部公費:弊社エコノミー使用アリ)
    もしくは 拡声器
  • 選挙タスキ
  • 選挙事務所看板(看板、垂れ幕、のぼりなど)
    (選挙事務所引越しも可能)
  • 白手袋
ポスター
  • スタッフジャンパー
  • バラ徽章
  • 選挙前配布用リーフレット(後援会入会案内)
ポスター
  • 神棚、選挙ダルマ
  • 名刺
  • 電話機・電話回線(20回線)
  • マイクカバー
ポスター
  • 電話調査(瀬踏み調査)
  • 為書き
  • 紅白幕
  • 必勝ハチマキ

作成者:選挙用品ドットコム

もっと詳しく知りたいという方は、手前味噌ですが『28歳で政治家になる方法』P.159にも掲載しておりますので、ご参照下さい。

スタッフ3人分働くお助け用品

3人分働く

選挙用品は候補者の分身です。

選挙用品は、外に向けて、候補者をPRすることが目的です。

もう一つ重要な意義としては、"慢性的な人手不足を選挙用品で代用する"という機能です。

選挙用品ドットコムでは、スタッフ3人分の効果を発揮する選挙用品の仕上がりを目指しています。

選挙用品ドットコムがいう"スタッフ3人分働くお助け用品"とは、

  • 3倍受け取ってもらえるデザインのチラシ
  • 3倍目立つ選挙用品
  • 同じ効果で1/3の予算で作れる選挙用品

と考えています。

たとえば、手配りのチラシであれば、3倍受け取ってもらえるチラシデザインを目指すことで、スタッフ3人が配る分と同じ配布数が実現できます。

3人分働く

他にも、選挙タスキや看板であれば、他社の選挙用品より3倍目立つモノを目指して、3倍目立つためには、どのような見せ方、文章の構成にしたらいいだろう…と戦術を練ります。

また、同じPR効果で、予算を1/3にすることも、スタッフ3人分働くお助け用品なのです(逆を言えば同じ予算で3倍の効果が得られるので)。

弊社が考える"スタッフ3人分働くお助け用品"究極の形とは、候補者が何もしなくても分身である選挙用品が、勝手に目立って、勝手にPRされて、注目が集まる状態を作れる選挙用品です。

そう、この例は極端ですが、選挙用品の理想は、スタッフや本人の人手を変わって自動で宣伝してもらうツールになります。

人員以上に選挙用品も健闘してくれれば、あなたの選挙PRは掛け算で広がり、最後、候補者であるあなたが登場する舞台をお膳立てすることができるのです。

"同額の予算で倍以上のPR効果を生む"ことは、実はザラにできることだったりするのです。

7000件超の選挙案件で効果があったデザイン等、ケースワークを蓄積していますので、選挙用品を不足する人員の代用として活用するという考えも、提案させていただきます。

予算を賢く使う3つの方法

"選挙にはお金がかかる"

これは世界の共通認識でもあり、日本も例外ではありません。

「決められた予算を賢く使うには…?」選挙用品ドットコムでも、良く頂くご相談です。

"限られた選挙費用を賢く使う3つの方法"として、弊社では、お客様に対して、以下の3つを提案しています。

  • 選挙予算の仕分け・最適化
    (例:無駄な選挙用品をなくし、必要なものに集中)
  • 選挙費用の節約
    (例:安価な資材で同等のPR効果)
  • 公的補助金をもらって選挙予算を増やす
    (例:総額60万円以上の印刷予算を獲得)

1 無駄な物を買わない(選挙予算の・仕分け最適化)

3つの節約個別仕分け"勝つために選挙を戦う"のであれば、用意すべき選挙用品はあります。
しかし、適切な予算配分という考え方を知らず、不安にかられ、効果検証をせずに、自分には不必要の選挙用品や自分にそぐわない選挙PRを展開してしまうところに大きな問題があります。
弊社では、無駄な選挙用品をなくし、必要なものを仕分けしてご提案しております。

2 代替品を使用する (選挙費用の節約)

3つの節約個別節約代替品でPRのパフォーマンスが落ちない工夫などで、大きく予算を削ることが予算に応じて選挙を戦うキモになるのです。
弊社では、『法定内で同じPR効果 かつ 安価な代替資材』のご提案もさせて頂いております。

3 公的補助金を使う(公的補助金によりあなたの選挙予算自体を増やす)

3つの節約個別増やす弊社では、選挙の公費負担制度に熟知していますので、この公的補助金を賢く使って私費を節約する提案や書類代行なども提案、サポートさせていただきます。
無料!選挙用品カタログのお申込みはこちら→
メール・FAXはこちら(24時間受付)
無料メールセミナー・業界向け当選マニュアル 詳しくはこちらから→
選挙用品ドットコム
Copyright(c)2012 選挙用品ドットコム All Rights Reserved